顧問サービス


顧問サービス – 弁護士田島寛之のサイト

ビジネスパートナーとしての顧問弁護士

弁護士は「敷居が高い」と言われます。
弁護士は「トラブルが起こった時に相談する相手」であって、普段から相談する相手ではない。
私は、これまでの弁護士像を打ち破り、経営者の「お困りごと」すべてを相談できるビジネスパートナー弁護士としてお役に立ちます。
お金のこと、社員のこと、新規事業のことなど、いつでもご相談ください。各コースに応じて定期的に貴社に伺い、ミーティングを実施します。

「お困りごと」には必ずといっていいほど法律がからんできます。トラブルが起きた後では遅いのです。
また、トラブル防止だけではなく、新規事業を始めるにあたってのリーガルチェック、許認可関係、法改正を見据えた新たなビジネスチャンスをあなたと共に考えます。
また、「お困りごと」に応じて必要がある場合は、各種専門家(税理士、社労士、司法書士、コンサルティング)と連携してワンストップで対応します。

顧問料

面談や電話・メールでの法律相談のほか、契約書等の書面チェック、簡易な書面作成をいたします。役員・従業員やその親族の個人的な事案についても対応します。

顧問料は、会社または個人事業者の方と個人(非事業者)の方を区別して、ご要望に沿った様々なプランをご用意しております。
なお、きめ細かな対応ができるよう、現在紹介者のある方等に限らせていただいております。

会社または個人事業主の方 月額5万円、10万円、15万円(税別)
個人(非事業者)の方 月額5000円〜(税別)

・主な顧問先ー税理士法人、ウェブ制作会社、建設会社、医療関係など